「 幾何学的配列 」 一覧

更紗のエートス

更紗の一般的な意味 「更紗」(さらさ)は一般的には、 主に木綿地に、人物・花・鳥獣などの模様を多色で染め出したもの。室町時代末にインドやジャワなどから舶載され、日本でも生産した。直接染料で模様を描

続きを見る

複雑系模様と幾何学模様の混在

一口に織物のデザインと言っても、着物に見られるような「空間を重視し複雑に模様を配置したデザイン」から、ペルシャ絨毯に見られるような「空間を排し幾何学模様を敷き詰めたデザイン」まで千差万別です。宗教的に

続きを見る

インド更紗の構成:円による構成

インド更紗の幾何学的配列のうち、布面全体に渡る大きな円を中心に構成した方法がある。ストールのデザインなどにはあまり使われませんが、掛け布など面積が広いものには頻繁に使われます。ササン朝ペルシャの工芸品

続きを見る

インド更紗の構成:立涌風配列(オウジー)

インド更紗(チンツ)の幾何学的配列のうち、下図のような曲線を組み合わせた配列を立涌風配列と言います。 図:立涌風配列 出典:佐藤百合子(1986:22) 水蒸気が立ち昇る雲気(=立涌

続きを見る

インド更紗の構成:菱型配列(ダイヤモンド)

格子配列を45度移動させた配列を菱型配列と言います。(丁度、レンガ積み配列を斜めから見た形と考えれば良いです。) 図のように、中に模様を入れると、レンガ積み配列と同様になりますが、布面の端と線が

続きを見る

インド更紗の構成:レンガ積み配列(ブリック)

格子配列を一つ毎に1/2ずらす事によって作った配列で、その積み方を例えてレンガ積み配列(ブリック)と呼ばれます。英語ではハーフ・ドロップとも言います。 花卉模様を配置させる事が多いですが、下図の

続きを見る

インド更紗の構成:格子配列(スクウェア)

名前の通り、垂直線と水平線の交差によって出来る格子状の配列を格子配列(スクウェア)と言います。内部にペイズリー模様や花卉模様など様々な模様を入れる事で多様なデザインパターンが生まれます。 また、

続きを見る

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑