「 イギリス 」 一覧

英国の植民地支配はインド織物産業を崩壊させたのか

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響でも述べたように、従来、英国の植民地支配によってインド織物産業が壊滅的な打撃を受けたというのが定説で、その結果が英国への抵抗運動としてのスワデーシ

続きを見る

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響

1757年にイギリスはプラッシーの戦いで勝利した事で、フランスのインド進出を抑制し、ベンガル地方の権益を掌握し、1818年にインドを植民地化しました。 その権益を利用してインド製品をヨーロッパへ

続きを見る

インド織物の歴史:(7)インド独立への道と現代の織物業

インドの民族的自覚 イギリスのインドでの圧政が続く中、インド民族はイギリスに抵抗し、19世紀半ばに「セポイの大反乱」を起こしましたが、失敗しました。これを機にイギリスはインドを本国政府の直接支配下に

続きを見る

インド織物の歴史:(4)東インド会社の交易と西洋でのキャラコブーム

ポルトガルとの香料貿易 1498年にポルトガル人のバスコ・ダ・ガマがインドのカリカットに至り、ヨーロッパからインドへの航路を切り開き、東洋の胡椒や香料を求めて積極的にインド洋貿易を行いました。

続きを見る

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑