• pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト

「 芸術論 」 一覧

美術史から無視されていたインド織物

pracya(プラチヤ)ではインド織物史を以下の7回に渡って整理してきましたが、インド美術史全体に織物を位置づける試みというのは極めて少なく、当サイトのような「インド織物史」すら日本語の文献は少ないで

続きを見る

クマーラスワーミーの職人論

モリスの影響を受けてアーツ・アンド・クラフツ運動に参加していたクマーラスワーミーはインド織物の美的価値を重視し、織物業復興のためには宗教的・芸術的理念を持った運動が重要であると考えていました。その結果

続きを見る

織物が芸術になった時

織物は芸術か 「織物は芸術であるか否か」という問いを立てれば、どう答える人が多いでしょうか。「クラシック音楽は芸術であるか」という問いなら、芸術であると答える人が多いでしょう。一方で、「漫画は芸術で

続きを見る

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドの

色相環
現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやP

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かした

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情

→もっと見る

PAGE TOP ↑