• pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト

「 美術史 」 一覧

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドのグジャラートで生産されたものが多く含まれる事を見ました。今回は、グジャラートがどのような地域でどのように染織品生産が行われていたか

続きを見る

インド染物の美術史(1):17世紀以前

インドの染織は紀元前2000年頃にまで遡れるものの、17世紀以前の染織物はあまり残っていません。というのも、インド亜大陸は多くの地域で高温多湿で雨量が多い気候であり、染織物が残りにくいという理由がある

続きを見る

織物が無い「インド美術史」(7):中世

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回は中世のインド美術を取り上げます。 8~12世紀に東インドで栄えたパーラ朝では密教美術が発達しました。グプタ様式

続きを見る

織物が無い「インド美術史」(6):サータヴァーハナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はサータヴァーハナ朝及びポスト・サータヴァーハナ朝(ヴァーカータカ朝)を取り上げます。 サータヴァーハナ朝は、紀

続きを見る

織物が無い「インド美術史」(5):グプタ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はグプタ朝を取り上げます。 グプタ朝は紀元後320~500年頃に北インドを統一していた王朝で、安定した政治の下で

続きを見る

織物が無い「インド美術史」(4):クシャーナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はクシャーナ朝を取り上げます。 1~3世紀頃にインドを統一していたクシャーナ朝時代の仏教美術は、ガンダーラ仏とマ

続きを見る

織物が無い「インド美術史」(3):マウリヤ時代

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はマウリヤ時代及びポスト・マウリヤ時代を取り上げます。 紀元前4世紀に起こったマウリヤ王朝において、第三代アショ

続きを見る

織物が無い「インド美術史」(2):ヴェーダ時代

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はヴェーダ時代を取り上げます。 紀元前1500年頃になると、インド・アーリア人が北インドに進出し、ヴェーダ聖典に

続きを見る

織物が無い「インド美術史」(1):インダス文明・広義宗教美術以前

「美術史から無視されていたインド織物」において、インド織物を含めたインド美術史の整理が必要である事を指摘しましたが、それではインド織物が取り上げられない既存のインド美術史はどのようなものでしょうか。こ

続きを見る

美術史から無視されていたインド織物

pracya(プラチヤ)ではインド織物史を以下の7回に渡って整理してきましたが、インド美術史全体に織物を位置づける試みというのは極めて少なく、当サイトのような「インド織物史」すら日本語の文献は少ないで

続きを見る

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドの

色相環
現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやP

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かした

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情

→もっと見る

PAGE TOP ↑