• pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト

ファッションの色彩と香水は調和していますか?(2):調和したストールと香水の組合せ

公開日: : 最終更新日:2014/11/08 ライフスタイル

前回、ファッションに香水を取り入れる場合、服の色と香水の香りを調和させる事が心理学的に適っており、自己表現が他者に伝わりやすく、相手の印象も良くなりやすい事を説明しました。今回は、具体的にどのような色と香りが調和しやすいのかを説明し、具体例としてプラチヤのインドストールと、それに合う香水をコーディネートします。

海保ら(2013)は、8種類の香りと51種類の色表を用いて被験者に対応する色と香りを答えてもらい、コレスポンデンス分析(対応分析)によって集計表のうち色と香りが対応している部分を可視化している。

色と香りの対応
図:色と香りの対応関係
出典:海保ら(2013:75)

図はその分析結果を示したものです。図には色名と香り名がプロットされており、その距離が近いほど「色と香りのイメージが似ている」事を意味します。本稿の言い方で表現すれば「色と香りが調和しやすい」事になります。

下の表は、図から調和しやすい色と香りの組合せをまとめ、代表的なイメージ例を示したものです。更に、それに調和するストール・香水の例を示しています。色と香りのイメージは多くの人の間で共通する場合が多く、例えば赤系統の情熱などのイメージや、青系統の爽やかさなどのイメージ等は、自然の影響(火の熱さ、水の冷たさ等)や社会的影響(ハートを赤やピンクで表現する等の慣習)の相互作用によって形成されていると考えられています。

色と調和する香り
香り イメージ例 ストール例 香水例
ピンク・赤紫 ローズ 恋、優しさ 春夏用コーラルピンクストール ブルガリ ローズエッセンシャル
レモングラス 明るさ、幸福、元気さ アロマレコルト ナチュラルパフューム
白・緑・青色 ペパーミント 爽やかさ 春夏用オフホワイトストール ダビドフ COOLWATERTSP-75
青緑 ヒノキ(檜) 自然、和らぎ 春夏用ブルーグリーンストール 香水「白檀」
水色 ローズマリー 清純さ、清潔さ 春夏用サックスストール 香水「ブラックベチベル」
黄緑 カモミール 若さ、春、希望 秋冬用グリーンストール ブルガリ プチママン オーデトワレスプレー
赤・橙・肌色 グレープフルーツ 情熱、愛、暖かさ 秋冬用レッドストール パシャグレープフルーツ

表:対応する色と香りとそのイメージ例
出典:筆者作成

参考文献:海保博之・日比野治雄・小山慎一編(2013)『デザインと色彩の心理学(朝倉実践心理学講座3)』朝倉書店

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

色相環

カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かしたファッションのカラーコーディネ

記事を読む

色と感情価

インドストールの「色彩」でどのようなイメージ・感情を表現するか

ファッションのアクセントとして有効なストールの色と香水を調和させる事でファッションイメージを効果的に

記事を読む

色相環

現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやPCCS(日本色研配色体系)など

記事を読む

色相環

色のモダリティ効果を知ってハイセンスかつ温かいカラーコーディネートを

色鮮やかで派手なものからシンプルなものまで、インドストールは色彩豊かですが、その色彩が持つ効果を抑え

記事を読む

色相環

カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情を表現するかという観点も重要で

記事を読む

香水

ファッションの色彩と香水は調和していますか?(1):色彩心理学を利用した色と香りのイメージの一致

ファッションの中に香水を取り入れる人も多いと思いますが、ファッションの色彩と調和するような香水を選ん

記事を読む

Message

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドの

色相環
現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやP

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かした

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情

→もっと見る

PAGE TOP ↑