織物が無い「インド美術史」(7):中世

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 インド織物の歴史 , , ,

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回は中世のインド美術を取り上げます。

8~12世紀に東インドで栄えたパーラ朝では密教美術が発達しました。グプタ様式から中世様式への転換期にあたり、ナーランダーやボードガヤーなどが代表的で、密教美術の傾向が強いもののヒンドゥー教神像の影響も強く受けており、東南アジアやネパール、チベットの仏教美術に大きな影響を与えました。

中世北インドではヒンドゥー教美術が発達しました。高い石造技術を利用した大規模な寺院建築が活発化し、その特徴的な建築様式はナーガラ様式と呼ばれます。ナーガラ様式は、砲弾形のシカラが典型的で、没個性的で抽象的な顔立ちを形成する彫像は、自然な表情で特徴付けられるグプタ様式とは一線を画しています。

ナーガラ様式とは対となる建築様式として扱われるのがドラヴィダ様式で、9世紀末に南インドでパッラヴァ朝を倒してセイロンやモルディブ諸島にまで勢力を拡げたチョーラ朝の下で発達しました。チョーラ朝は、インド洋から中国にかけての海洋貿易権を掌握していたので、インドの宗教や文化が東南アジアに大きな影響を与えるきっかけとなりました。シカラと球状ストゥープが特徴のプリハディーシュヴァラ寺院が代表的な建築物で、他にも造形活動や奉納儀礼の為の音楽や舞踊も発達しました。

pracyaの手紡ぎ手織物カーディーのインドストールも宜しくお願い致します。

参考文献
[1] 金子典正編(2013)『芸術教養シリーズ4 朝鮮半島・西アジア・中央アジア・インド アジアの芸術史 造形篇II』幻冬舎
[2] 宮治昭(1981)『インド美術史』吉川弘文館宮治昭(2009)『インド美術史』吉川弘文館

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

インド織物の歴史:(5)植民地化までの織物生産

チンツの二大供給地 インドにおけるヨーロッパ向けのチンツの二大供給地はブルハンブールとコロマンデー

記事を読む

織物が芸術になった時

織物は芸術か 「織物は芸術であるか否か」という問いを立てれば、どう答える人が多いでしょうか。「クラ

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(3):マウリヤ時代

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はマウリヤ時代及び

記事を読む

ペイズリー文様

ブータ文様からペイズリー文様へ

ペイズリー模様の項でペイズリーのルーツとして大まかに見て「生命の樹信仰」説と「模様の形態」説がある事

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(6):サータヴァーハナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はサータヴァーハナ

記事を読む

インド織物の歴史:(3)ムガル帝国下での染織の発達

ムガル帝国の成立 中央アジアのフェルガーナ地方のバーブルは「パニパットの戦い」でデリーのロディー朝

記事を読む

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドのグジャラートで生産されたものが

記事を読む

インド織物が人気過ぎて輸入禁止に

17世紀から多数のインド織物が西洋にもたらされ、上流階級を中心に空前のキャラコブームが起こるわけです

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(1):インダス文明・広義宗教美術以前

「美術史から無視されていたインド織物」において、インド織物を含めたインド美術史の整理が必要である事を

記事を読む

西洋のキャラコ自給への道

18世紀頃にインドから西洋に輸出されていたキャラコは、 色落ちしにくい綿織物(当時、英国に無

記事を読む

Message

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑