織物が無い「インド美術史」(5):グプタ朝

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 インド織物の歴史 , , , ,

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はグプタ朝を取り上げます。

グプタ朝は紀元後320~500年頃に北インドを統一していた王朝で、安定した政治の下で、文芸や科学(天文学・数学・物理学・医学など)も発達した古典文化の黄金時代と位置づけられる時期です。フーナ族の侵入と地方勢力の分裂によって滅亡すると短期的にヴァルダナ朝が統一するが、それ以降は近世まで統一王朝は現れないので、近世以前では特に政治が安定していた時期と得ます。

この時期はヒンドゥー教の基盤が発達した時代で、二大叙事詩(マハーバーラタ、ラーマーヤナ)が集成され、プラーナ文献編纂も編纂された時期です。玄奘三蔵(602~664, いわゆる三蔵法師)は『大唐西域記』で、法顕(635~713)は『南海寄帰内法伝』で当時の様相を伝えています。

グプタ様式は、造形面で格調高い様式とされ、古典様式とも呼ばれます。前回のクシャーナ朝でも触れたマトゥラーで完成しインド各地に波及していきます。マトゥラーの工房は仏教・ヒンドゥー教・ジャイナ教と宗派を問わず彫像を制作しており、マトゥラーは彫像の有数の産地となりました。

グプタ様式の仏像はアジア各地に大きな影響を与え、《仏立像》はその代表例です。「均整の採れた肢体に抑制の利いた肉付けによる自然な立ち姿」はアジア各地に見られます。

pracyaの手紡ぎ手織物カーディーのインドストールも宜しくお願い致します。

参考文献
[1] 金子典正編(2013)『芸術教養シリーズ4 朝鮮半島・西アジア・中央アジア・インド アジアの芸術史 造形篇II』幻冬舎
[2] 宮治昭(1981)『インド美術史』吉川弘文館宮治昭(2009)『インド美術史』吉川弘文館

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

織物が無い「インド美術史」(4):クシャーナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はクシャーナ朝を取

記事を読む

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響

1757年にイギリスはプラッシーの戦いで勝利した事で、フランスのインド進出を抑制し、ベンガル地方の権

記事を読む

西洋のキャラコ自給への道

18世紀頃にインドから西洋に輸出されていたキャラコは、 色落ちしにくい綿織物(当時、英国に無

記事を読む

織物が芸術になった時

織物は芸術か 「織物は芸術であるか否か」という問いを立てれば、どう答える人が多いでしょうか。「クラ

記事を読む

インド織物の歴史:(2)ヒンドゥー教の趨勢と仏教美術の成熟

紀元4~6世紀のグプタ朝時代は所謂「インド文化の黄金期」で、バラモン教が復興し、ヒンドゥー教が勢力を

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(6):サータヴァーハナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はサータヴァーハナ

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(2):ヴェーダ時代

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はヴェーダ時代を取

記事を読む

ペイズリー文様

ブータ文様からペイズリー文様へ

ペイズリー模様の項でペイズリーのルーツとして大まかに見て「生命の樹信仰」説と「模様の形態」説がある事

記事を読む

インド織物の歴史:(5)植民地化までの織物生産

チンツの二大供給地 インドにおけるヨーロッパ向けのチンツの二大供給地はブルハンブールとコロマンデー

記事を読む

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドのグジャラートで生産されたものが

記事を読む

Message

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑