織物が無い「インド美術史」(4):クシャーナ朝

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 インド織物の歴史 , , , ,

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はクシャーナ朝を取り上げます。

1~3世紀頃にインドを統一していたクシャーナ朝時代の仏教美術は、ガンダーラ仏とマトゥラー仏に特徴づけられます。

ガンダーラは、紀元前6世紀から西北インドにある古代王国で、クシャーナ朝の元で最盛期を迎え、ガズナ朝に制服される11世紀頃まで存在しました。アレクサンダー大王の遠征に伴うペルシャ文化の影響が強く、仏教美術とギリシャ・ペルシャ美術の様式が融合した様式が特徴的です。

一方でヒンドゥー教の聖地の一つであるマトゥラーでは、古くからジャイナ教徒が住んでおり、土着のインド文化の影響が強い、影響肉感的で力強い仏像が多く作られました。但し、当初は仏像不表現の伝統が強かったので、如来(悟りを開いた仏)の姿であるものの菩薩(修行中の仏)として仏像を政策するなど、意欲的に仏像を作っていた事が垣間見られます。マトゥラーは、グプタ朝時代まで仏像の代表的な産地としての立場を確立し続けます。

ガンダーラとマトゥラーのどちらが先に仏像が制作されたかは未だ決着がついていませんが、両方特徴のある仏像が活発に制作されていた事には変わりありません。作風は基本的には大きく異なりますが、「仏の三十二相八十種好」に対応させた仏像を作るなど形式上の共通点は見られます。

織物が無い「インド美術史」(5):グプタ朝

pracyaの手紡ぎ手織物カーディーのインドストールも宜しくお願い致します。

参考文献
[1] 金子典正編(2013)『芸術教養シリーズ4 朝鮮半島・西アジア・中央アジア・インド アジアの芸術史 造形篇II』幻冬舎
[2] 宮治昭(1981)『インド美術史』吉川弘文館宮治昭(2009)『インド美術史』吉川弘文館

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

no image

インド染物の美術史(1):17世紀以前

インドの染織は紀元前2000年頃にまで遡れるものの、17世紀以前の染織物はあまり残っていません。とい

記事を読む

アーツ・アンド・クラフツ運動の起こり

バードウッドの思想 1878年のパリ万国博覧会においてジョージ・バードウッド卿は『インド宮廷ハンド

記事を読む

織物が芸術になった時

織物は芸術か 「織物は芸術であるか否か」という問いを立てれば、どう答える人が多いでしょうか。「クラ

記事を読む

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響

1757年にイギリスはプラッシーの戦いで勝利した事で、フランスのインド進出を抑制し、ベンガル地方の権

記事を読む

グプタ様式に大きな影響を与えたヒンドゥー教

織物が無い「インド美術史」(5):グプタ朝 からリンク グプタ朝時代はヒンドゥー教の基盤が出来

記事を読む

インド織物が人気過ぎて輸入禁止に

17世紀から多数のインド織物が西洋にもたらされ、上流階級を中心に空前のキャラコブームが起こるわけです

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(7):中世

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回は中世のインド美術

記事を読む

英国の植民地支配はインド織物産業を崩壊させたのか

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響でも述べたように、従来、英国の植民地支配によっ

記事を読む

西洋のキャラコ自給への道

18世紀頃にインドから西洋に輸出されていたキャラコは、 色落ちしにくい綿織物(当時、英国に無

記事を読む

インド織物の歴史:(2)ヒンドゥー教の趨勢と仏教美術の成熟

紀元4~6世紀のグプタ朝時代は所謂「インド文化の黄金期」で、バラモン教が復興し、ヒンドゥー教が勢力を

記事を読む

Message

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑