インド織物の歴史:(3)ムガル帝国下での染織の発達

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 インド織物の歴史 , ,

ムガル帝国の成立

中央アジアのフェルガーナ地方のバーブルは「パニパットの戦い」でデリーのロディー朝に勝利した事をきっかけに、1526年にムガル朝を樹立させました。第3代のアクバルの時に勢力範囲が広がり、第6代オーランガゼブの時には半島南部を除くインド全域がムガル帝国の配下になりました。

安定したムスリム政権下でインドの固有のイスラム文化(いわゆるインド・イスラム様式)が発展しました。

アクバル帝の織工支援

アクバル帝の政治顧問兼歴史家であったアブル・ファズルの『アクバル会展』では外国の工芸品が多数展示されました。それらにアクバル帝は興味を持ち、イランやトルキスタンから織工を呼び寄せ、宮廷で染織工芸を行わせました。

こうした海外の文化・宗教がインド旧来の染織に影響を与え、安定した政権と帝国の庇護下で染織工芸が華々しく成長しました。

インド織物の歴史:(4)東インド会社の交易と西洋でのキャラコブーム

pracyaの手紡ぎ手織物カーディーのインドストールも宜しくお願い致します。

参考文献
畠中光享編(1993)『インド染織美術―畠中光享コレクション』京都書院

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

クマーラスワーミーの職人論

モリスの影響を受けてアーツ・アンド・クラフツ運動に参加していたクマーラスワーミーはインド織物の美的価

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(1):インダス文明・広義宗教美術以前

「美術史から無視されていたインド織物」において、インド織物を含めたインド美術史の整理が必要である事を

記事を読む

西洋のキャラコ自給への道

18世紀頃にインドから西洋に輸出されていたキャラコは、 色落ちしにくい綿織物(当時、英国に無

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(6):サータヴァーハナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はサータヴァーハナ

記事を読む

インド織物の歴史:(7)インド独立への道と現代の織物業

インドの民族的自覚 イギリスのインドでの圧政が続く中、インド民族はイギリスに抵抗し、19世紀半ばに

記事を読む

インド織物の歴史:(5)植民地化までの織物生産

チンツの二大供給地 インドにおけるヨーロッパ向けのチンツの二大供給地はブルハンブールとコロマンデー

記事を読む

ペイズリー文様

ブータ文様からペイズリー文様へ

ペイズリー模様の項でペイズリーのルーツとして大まかに見て「生命の樹信仰」説と「模様の形態」説がある事

記事を読む

英国の植民地支配はインド織物産業を崩壊させたのか

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響でも述べたように、従来、英国の植民地支配によっ

記事を読む

インド織物の歴史:(2)ヒンドゥー教の趨勢と仏教美術の成熟

紀元4~6世紀のグプタ朝時代は所謂「インド文化の黄金期」で、バラモン教が復興し、ヒンドゥー教が勢力を

記事を読む

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響

1757年にイギリスはプラッシーの戦いで勝利した事で、フランスのインド進出を抑制し、ベンガル地方の権

記事を読む

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑