インド織物の歴史:(7)インド独立への道と現代の織物業

インドの民族的自覚

イギリスのインドでの圧政が続く中、インド民族はイギリスに抵抗し、19世紀半ばに「セポイの大反乱」を起こしましたが、失敗しました。これを機にイギリスはインドを本国政府の直接支配下に置くようになりました。ムガル帝国は海外の文化を取り入れつつインド文化を庇護し、新たなインド・イスラム文化を発展させました。一方でイギリスは本国産業重視に傾倒していました。

インド人資本家による紡績工場がボンベイやアーメダバードに出来、イギリスはインド人資本の紡績工場製品に「綿布国産税」を課して抑圧しようとしましたが、抵抗運動が強まり、「スワデーシー運動」(国産品愛用運動)が広がり、それがやがて「スワラージ」運動(自治)となっていきました。

独立後のインド

インド独立当時は伝統的な手工業が衰退していましたが、ガンディーとクマーラスワーミーの思想の影響を受け、行政レベルで織物業を文化資源として位置づけ、手工業の復興・保護・育成に努めています。この手工業重視がインド織物の国際ブランド化を阻害している側面もありますが、着実にインド織物は発達し続けています。

pracyaでは現代も発展し続ける手紡ぎ手織物カーディーのインドストールを販売しています。

参考文献
畠中光享編(1993)『インド染織美術―畠中光享コレクション』京都書院

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

織物が無い「インド美術史」(6):サータヴァーハナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はサータヴァーハナ

記事を読む

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドのグジャラートで生産されたものが

記事を読む

グプタ様式に大きな影響を与えたヒンドゥー教

織物が無い「インド美術史」(5):グプタ朝 からリンク グプタ朝時代はヒンドゥー教の基盤が出来

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(4):クシャーナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はクシャーナ朝を取

記事を読む

アーツ・アンド・クラフツ運動の起こり

バードウッドの思想 1878年のパリ万国博覧会においてジョージ・バードウッド卿は『インド宮廷ハンド

記事を読む

ペイズリー文様

ブータ文様からペイズリー文様へ

ペイズリー模様の項でペイズリーのルーツとして大まかに見て「生命の樹信仰」説と「模様の形態」説がある事

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(1):インダス文明・広義宗教美術以前

「美術史から無視されていたインド織物」において、インド織物を含めたインド美術史の整理が必要である事を

記事を読む

インド織物が人気過ぎて輸入禁止に

17世紀から多数のインド織物が西洋にもたらされ、上流階級を中心に空前のキャラコブームが起こるわけです

記事を読む

インド織物の歴史:(5)植民地化までの織物生産

チンツの二大供給地 インドにおけるヨーロッパ向けのチンツの二大供給地はブルハンブールとコロマンデー

記事を読む

西洋のキャラコ自給への道

18世紀頃にインドから西洋に輸出されていたキャラコは、 色落ちしにくい綿織物(当時、英国に無

記事を読む

Message

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑