インド織物の歴史:(7)インド独立への道と現代の織物業

インドの民族的自覚

イギリスのインドでの圧政が続く中、インド民族はイギリスに抵抗し、19世紀半ばに「セポイの大反乱」を起こしましたが、失敗しました。これを機にイギリスはインドを本国政府の直接支配下に置くようになりました。ムガル帝国は海外の文化を取り入れつつインド文化を庇護し、新たなインド・イスラム文化を発展させました。一方でイギリスは本国産業重視に傾倒していました。

インド人資本家による紡績工場がボンベイやアーメダバードに出来、イギリスはインド人資本の紡績工場製品に「綿布国産税」を課して抑圧しようとしましたが、抵抗運動が強まり、「スワデーシー運動」(国産品愛用運動)が広がり、それがやがて「スワラージ」運動(自治)となっていきました。

独立後のインド

インド独立当時は伝統的な手工業が衰退していましたが、ガンディーとクマーラスワーミーの思想の影響を受け、行政レベルで織物業を文化資源として位置づけ、手工業の復興・保護・育成に努めています。この手工業重視がインド織物の国際ブランド化を阻害している側面もありますが、着実にインド織物は発達し続けています。

pracyaでは現代も発展し続ける手紡ぎ手織物カーディーのインドストールを販売しています。

参考文献
畠中光享編(1993)『インド染織美術―畠中光享コレクション』京都書院

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

グプタ様式に大きな影響を与えたヒンドゥー教

織物が無い「インド美術史」(5):グプタ朝 からリンク グプタ朝時代はヒンドゥー教の基盤が出来

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(4):クシャーナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はクシャーナ朝を取

記事を読む

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドのグジャラートで生産されたものが

記事を読む

織物が芸術になった時

織物は芸術か 「織物は芸術であるか否か」という問いを立てれば、どう答える人が多いでしょうか。「クラ

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(6):サータヴァーハナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はサータヴァーハナ

記事を読む

英国の植民地支配はインド織物産業を崩壊させたのか

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響でも述べたように、従来、英国の植民地支配によっ

記事を読む

クマーラスワーミーの職人論

モリスの影響を受けてアーツ・アンド・クラフツ運動に参加していたクマーラスワーミーはインド織物の美的価

記事を読む

no image

インド染物の美術史(1):17世紀以前

インドの染織は紀元前2000年頃にまで遡れるものの、17世紀以前の染織物はあまり残っていません。とい

記事を読む

クマーラスワーミーとガンディーの影響

クマーラスワーミーとアーツ・アンド・クラフツ運動 モリスの思想の影響を受けたクマーラスワーミー(1

記事を読む

インド織物の歴史:(3)ムガル帝国下での染織の発達

ムガル帝国の成立 中央アジアのフェルガーナ地方のバーブルは「パニパットの戦い」でデリーのロディー朝

記事を読む

Message

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑