インド織物の歴史:(2)ヒンドゥー教の趨勢と仏教美術の成熟

紀元4~6世紀のグプタ朝時代は所謂「インド文化の黄金期」で、バラモン教が復興し、ヒンドゥー教が勢力を持ち始める時期です。仏教自体は衰退していきますが、仏教美術が成熟しており、アジャンター石窟寺院の仏伝図では、絣織を思わせる腰布、絞り染めとおぼしき胸衣を身にまとった人物像、碁盤島・山形文様・鳥・花など多彩な文様などが色彩豊かに描かれています。

7世紀になると、玄奘法師がインド各地の仏教事情を見聞きし、『大唐西域記』として残しています。その中の第2巻は衣生活について記されており、木綿・麻・羊毛など様々な繊維が用いられ、特に白色の衣服が好まれていた事などが記録されています。

時代は飛び、1209年になるとインド最初のムスリム王朝であるデリー王朝が出来、1858年ムガール王朝最後の王がイギリスに廃位させられるまでの間、ムスリム支配が続き、インド文化にイスラム教の影響が強く残るようになります。14世紀にインドに滞在していたイブン=バットゥータは『三大陸周遊記』において当時のインドを「東洋におけるイスラム世界そのもの」であると指摘しています。

インド織物の歴史:(3)ムガル帝国下での染織の発達

pracyaでは手紡ぎ手織物カーディーのインドストールを販売しています。

参考文献
畠中光享編(1993)『インド染織美術―畠中光享コレクション』京都書院

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

no image

インド染物の美術史(1):17世紀以前

インドの染織は紀元前2000年頃にまで遡れるものの、17世紀以前の染織物はあまり残っていません。とい

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(5):グプタ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はグプタ朝を取り上

記事を読む

インド織物の歴史:(5)植民地化までの織物生産

チンツの二大供給地 インドにおけるヨーロッパ向けのチンツの二大供給地はブルハンブールとコロマンデー

記事を読む

インド織物の歴史:(7)インド独立への道と現代の織物業

インドの民族的自覚 イギリスのインドでの圧政が続く中、インド民族はイギリスに抵抗し、19世紀半ばに

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(6):サータヴァーハナ朝

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はサータヴァーハナ

記事を読む

ペイズリー文様

ブータ文様からペイズリー文様へ

ペイズリー模様の項でペイズリーのルーツとして大まかに見て「生命の樹信仰」説と「模様の形態」説がある事

記事を読む

インド織物の歴史:(3)ムガル帝国下での染織の発達

ムガル帝国の成立 中央アジアのフェルガーナ地方のバーブルは「パニパットの戦い」でデリーのロディー朝

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(7):中世

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回は中世のインド美術

記事を読む

アーツ・アンド・クラフツ運動の起こり

バードウッドの思想 1878年のパリ万国博覧会においてジョージ・バードウッド卿は『インド宮廷ハンド

記事を読む

織物が無い「インド美術史」(2):ヴェーダ時代

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回はヴェーダ時代を取

記事を読む

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑