• pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト

英国の植民地支配はインド織物産業を崩壊させたのか

公開日: : 最終更新日:2019/03/18 インド織物の歴史 , , ,

インド織物の歴史:(6)イギリスの産業革命と圧政の影響でも述べたように、従来、英国の植民地支配によってインド織物産業が壊滅的な打撃を受けたというのが定説で、その結果が英国への抵抗運動としてのスワデーシー運動であるという見方が主流です。

勿論、スワデーシー運動が国民的運動になったという事は、それだけ産業革命以降に英国から入ってきた綿織物によって悪影響を被ったインド手工芸者が存在するのは間違いありません。

しかし、「壊滅的な打撃かどうか」という観点で見れば、多くの反論も存在します。今回は、イギリスによる植民地政策がインド織物業にもたらした影響について、「植民地悪玉論」に反対する立場の論拠を紹介します。

輸入品と競合した製品は高級品のみ

インドではカースト制度の影響で、消費者の階層によって着る衣料品が異なり、一口にインド織物と言っても階層によって選ばれるものは品質・デザインは異なります。

実際、イギリスから輸入されてきた綿織物の多くは高級品に類するものであり、競合していたインド産織物は、都市部の中上流階層の男性が着ていた細布のドーティ(腰布)であり、農村地域に住んでいた多くの品高階級は太糸を利用したインド産の粗布を使っていたのです。

南インドの手織業の存続

また、高級織物の中でも儀式用のタンジョールなどの生産を行っていた南インドの織物業は、イギリス製品との競争に負けずに生き延び続けました。

その上、カースト制度の影響が残ると言っても、時代とともに衣服習慣は変わってきており、

  • 女性がサリーの下にブラウスを着る習慣の普及
  • バラモンだけであった絹と綿の混合織物を着る習慣の上流階層への広がり
  • 不可触民の衣服制限の崩壊
  • 結婚式におけるレーヨン衣服を着る習慣の普及

等の変化によって、様々な需要が生まれ、それに対応した手織業が発達したという背景もあります。

植民地時代に織機数は増加

また、そもそも論として辛島(1994)が言うように、19世紀から20世紀にかけてのイギリス植民地の時代においてインドにおける手工業織布の為の織機数が増加しており、「植民地政策がインド織物業を崩壊させた」という従来の見方には大きな疑義がある点も見過ごせません。

織物職人のシフト

英国からの高級織物の流入によって競争に負けたインドの高級織物職人が多数生まれるわけですが、そのまま失職したわけではなく、多くは前述した「輸入品と競合しにくく、新たな需要が生まれていた下層階級向けの織物」の生産にシフトしました。

そうすると下層階級向けの織物の供給が増えるので、結果として低価格製品の価格が下落しました。その結果困窮する手織工が増え、それがスワデーシー運動を支持する基盤となったと言われます。

要するに、「イギリス製品が高級インド製品市場を破壊し、間接的に低価格インド製品市場に悪影響を与えた」という見方が出来るわけです。高級織物市場は当時のインドの中でも一部に過ぎないので、英国製品の直接的な影響は軽微と考えるのが妥当ですが、間接的な影響も含めて英国が悪いのかと考えれば、解釈の問題としか言いようが無いです。とは言え、当事者(元から下層階級向けに織物を製作していた織工)にとっては英国に仕事を奪われたと解釈するのは当然と言えば当然なので、スワデーシー運動を支持するきっかけになったという事実は同じです。

参考文献

辛島昇編(1994)『ドラヴィダの世界 (インド入門Ⅱ)』東京大学出版会

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

織物が無い「インド美術史」(7):中世

前回に引き続き、織物を含まない既存の「インド美術史」について紹介していきます。今回は中世のインド美術

記事を読む

クマーラスワーミーの職人論

モリスの影響を受けてアーツ・アンド・クラフツ運動に参加していたクマーラスワーミーはインド織物の美的価

記事を読む

クマーラスワーミーとガンディーの影響

クマーラスワーミーとアーツ・アンド・クラフツ運動 モリスの思想の影響を受けたクマーラスワーミー(1

記事を読む

インド織物の歴史:(3)ムガル帝国下での染織の発達

ムガル帝国の成立 中央アジアのフェルガーナ地方のバーブルは「パニパットの戦い」でデリーのロディー朝

記事を読む

インド織物の歴史:(7)インド独立への道と現代の織物業

インドの民族的自覚 イギリスのインドでの圧政が続く中、インド民族はイギリスに抵抗し、19世紀半ばに

記事を読む

アーツ・アンド・クラフツ運動の起こり

バードウッドの思想 1878年のパリ万国博覧会においてジョージ・バードウッド卿は『インド宮廷ハンド

記事を読む

no image

インド染物の美術史(1):17世紀以前

インドの染織は紀元前2000年頃にまで遡れるものの、17世紀以前の染織物はあまり残っていません。とい

記事を読む

美術史から無視されていたインド織物

pracya(プラチヤ)ではインド織物史を以下の7回に渡って整理してきましたが、インド美術史全体に織

記事を読む

インド織物の歴史:(2)ヒンドゥー教の趨勢と仏教美術の成熟

紀元4~6世紀のグプタ朝時代は所謂「インド文化の黄金期」で、バラモン教が復興し、ヒンドゥー教が勢力を

記事を読む

織物が芸術になった時

織物は芸術か 「織物は芸術であるか否か」という問いを立てれば、どう答える人が多いでしょうか。「クラ

記事を読む

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドの

色相環
現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやP

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かした

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情

→もっと見る

PAGE TOP ↑