ペイズリー模様

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 デザイン・文様 , , ,

ペイズリー模様(ペーズリー模様)は、インド織物に特に頻繁に出てくる模様で、ヨーロッパでは「松かさ形」として見られる模様です。古代バビロニア人は「パインの芽」のシンボルとして利用していた事もあって、糸杉などの「生命の樹」がルーツであるという見方もあります。(古代バビロニアにおいてパインは食料・衣服・住居と生活の多岐に渡って使う物であるからで、後に「豊穣のシンボル」となりました。)

ペイズリー模様

とは言え、ペイズリー模様のルーツに決定的な説は無く、

  • 糸杉説
  • パインの芽説
  • ひなげしの花説
  • 菩提樹の葉説
  • イチジクの断面説
  • マンゴーの実説
  • 火焔説

など、多種多様な仮説があります。大雑把に分類すると、糸杉説・パインの芽説・菩提樹の葉説は「生命の樹信仰」がポイントになっており、ゾロアスター教の信仰対象から見れば、火焔説もその一種となります。ひなげしの花説・イチジクの断面説・マンゴーの実説は「模様の形態」が仮説の根拠になっています。

一見すると、前者の「生命の樹信仰」を仮説としたものの方が説得力がありますが、ひなげしの花説のようなヨーロッパにおけるブータ文様からペイズリー文様への変遷もあるので、形態説も捨て切れません。

pracyaではペイズリー模様を多用した手紡ぎ手織物カーディーのインドストールを販売しています。

参考文献
[1] 佐藤百合子(1986)「インド更紗・ジャワ更紗にみる模様、構成の特色について」『研究紀要(文化学園大学)』Vol. 17, pp. 15-27
[2] 城一夫(1995)『西洋染織文様史』朝倉書店

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

セメン

ジャワ更紗の構成:セメン(写生模様風の構成)

インド更紗・ジャワ更紗に典型的に見られる構成の一つにセメン(Semen)と呼ばれるものがあります。動

記事を読む

no image

インド更紗の語源

チンツの語源 インド更紗は英語でチンツ(chintz)といいますが、この語源を見る事で、インド更紗

記事を読む

更紗のエートス

更紗の一般的な意味 「更紗」(さらさ)は一般的には、 主に木綿地に、人物・花・鳥獣などの模様を多

記事を読む

円による構成

インド更紗の構成:円による構成

インド更紗の幾何学的配列のうち、布面全体に渡る大きな円を中心に構成した方法がある。ストールのデザイン

記事を読む

花卉模様

花卉模様・花束模様

花卉(草花)や花束を配置した模様を言います。大きな花卉・花束を布面全体に配置する事もあれば、幾何学的

記事を読む

インド織物の主な模様

元来、模様には呪術的な意味合いがあるという言説があり、多種の宗教的影響を受けたインド織物には多様な模

記事を読む

チュプロカン

ジャワ更紗の構成:チュプロカン(格子・石畳)

ジャワ更紗に多く見られる構成のうち、格子状になっているものをチュプロカンと言います。チュプロックとい

記事を読む

格子配列

インド更紗の構成:格子配列(スクウェア)

名前の通り、垂直線と水平線の交差によって出来る格子状の配列を格子配列(スクウェア)と言います。内部に

記事を読む

レンガ積み配列

インド更紗の構成:レンガ積み配列(ブリック)

格子配列を一つ毎に1/2ずらす事によって作った配列で、その積み方を例えてレンガ積み配列(ブリック)と

記事を読む

アカンサス(葉あざみ)模様

唐草模様の変遷と意味

唐草模様の変遷 図1のような唐草模様自体は極めて有名で世界中で見られますが、そのルーツがエジプトの

記事を読む

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑