• pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト

糸杉模様

公開日: : 最終更新日:2019/03/18 デザイン・文様 ,

先端が尖った糸杉をモチーフとした模様が糸杉模様です。イスラムでは「生命の樹」とも扱われ、インド更紗では頻繁に出てくる模様です。Jahanara(2009)は、糸杉模様のルーツはゾロアスター教とイスラム教両方にあると言われ、典型的なのは下図のようなものです。

糸杉模様
図:糸杉模様
出典:Jahanara(2009)

ゾロアスターが宣託を伝達する為に天から降りてきた時に握っていたものが火・聖書・糸杉であり、中でも糸杉は重要な意味を持っています。ペイズリー模様は、糸杉模様から派生したという説もあります。

参考文献
[1] Mojgan Jahanara(2009)「糸杉のものがたり」神戸芸術工科大学紀要『芸術工学2009』
[2] 大西浩子(1977)『インド更紗入門―インドの自然と哲学から生まれた文様の解説と、バティックの技法(新技法シリーズ)』

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

インド織物の主な構成

インド織物のデザインは、基本的には「多種多様な模様を配置」する事で行われる事が多いです。ここでは、ど

記事を読む

no image

インド更紗の語源

チンツの語源 インド更紗は英語でチンツ(chintz)といいますが、この語源を見る事で、インド更紗

記事を読む

カウン(七宝繋ぎ・輪つなぎ)

ジャワ更紗の構成:カウン(輪つなぎ・七宝つなぎ)

ジャワ更紗に典型的に見られる構成の一つにカウンと呼ばれるものがあります。日本で言う七宝繋ぎとも似てお

記事を読む

アカンサス(葉あざみ)模様

唐草模様の変遷と意味

唐草模様の変遷 図1のような唐草模様自体は極めて有名で世界中で見られますが、そのルーツがエジプトの

記事を読む

模様が持つ呪術的要素

「模様とは何か」という問いを立てれば、 織物・染め物・工芸品などに装飾として施す種々の絵や形。また

記事を読む

タンバル

ジャワ更紗の構成:ガリスミリン(斜縞)

布面の全体を斜め向きの縞(斜縞)で構成したものをガリスミリンと言います。代表的なガリスミリンにはパラ

記事を読む

立涌風配列

インド更紗の構成:立涌風配列(オウジー)

インド更紗(チンツ)の幾何学的配列のうち、下図のような曲線を組み合わせた配列を立涌風配列と言います。

記事を読む

ペイズリー文様

ブータ文様からペイズリー文様へ

ペイズリー模様の項でペイズリーのルーツとして大まかに見て「生命の樹信仰」説と「模様の形態」説がある事

記事を読む

チュプロカン

ジャワ更紗の構成:チュプロカン(格子・石畳)

ジャワ更紗に多く見られる構成のうち、格子状になっているものをチュプロカンと言います。チュプロックとい

記事を読む

円による構成

インド更紗の構成:円による構成

インド更紗の幾何学的配列のうち、布面全体に渡る大きな円を中心に構成した方法がある。ストールのデザイン

記事を読む

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドの

色相環
現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやP

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かした

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情

→もっと見る

PAGE TOP ↑