• pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト

ジャワ更紗の構成:ガリスミリン(斜縞)

公開日: : 最終更新日:2019/03/18 デザイン・文様 , , ,

布面の全体を斜め向きの縞(斜縞)で構成したものをガリスミリンと言います。代表的なガリスミリンにはパランウダン・リリスがあります。ジャワ更紗で典型的な構成ですが、インド更紗にも多く見られます。

パラン

ガリスミリンのうち、細長いS字形を斜めに並べた形をパランと言います。ルーツとして挙げられている仮説には、「植物の若芽の様式化説」や「砕け散る波頭の図案化説」などがあります。ジャワでは当初は「禁制模様」として特定の王侯貴族にしか使用が認められていなかったようです。
パラン(ガリスミリン)
図1:パラン
出典:佐藤(1986:23)

ウダン・リリス

一方で、同じように斜縞(ガリスミリン)であっても、一列ずつ異なる模様を充填したものをウダン・リリスと言います。ウダン・リリスは「霖雨(ながあめ)」を意味し、中にはパランやチュプロカン、草花など様々な模様を配します。これもパランと同様、当初は禁制模様の一つでした。
ウダンリリス(ガリスミリン)

参考文献
[1] 佐藤百合子(1986)「インド更紗・ジャワ更紗にみる模様、構成の特色について」『研究紀要(文化学園大学)』Vol. 17, pp. 15-27
[2] 畠中光享編(1993)『インド染織美術―畠中光享コレクション』京都書院

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

動物模様(鹿)

人像模様・動物模様

人物を型どった模様が人像模様、動物を型どった模様ですが、その題材には宗教に関係するものが多いです。例

記事を読む

チュプロカン

ジャワ更紗の構成:チュプロカン(格子・石畳)

ジャワ更紗に多く見られる構成のうち、格子状になっているものをチュプロカンと言います。チュプロックとい

記事を読む

カウン(七宝繋ぎ・輪つなぎ)

ジャワ更紗の構成:カウン(輪つなぎ・七宝つなぎ)

ジャワ更紗に典型的に見られる構成の一つにカウンと呼ばれるものがあります。日本で言う七宝繋ぎとも似てお

記事を読む

ニティック

ジャワ更紗の構成:ニティック(織模様風の点描)

ジャワ更紗に典型的に見られる構成としてニティックがあります。バティックと同様にジャワ語のティックti

記事を読む

更紗のエートス

更紗の一般的な意味 「更紗」(さらさ)は一般的には、 主に木綿地に、人物・花・鳥獣などの模様を多

記事を読む

模様が持つ呪術的要素

「模様とは何か」という問いを立てれば、 織物・染め物・工芸品などに装飾として施す種々の絵や形。また

記事を読む

ジャワ更紗とは何か

ジャワ更紗はポルトガル語でバティック(batik)と言い、インド更紗の語源でも指摘したように、ジャワ

記事を読む

八の字

岡本太郎氏が言う「ハの字文化」

日本の代表的な芸術家の一人である岡本太郎(1911-1996)は、自身の著書『今日の芸術―時代を創造

記事を読む

イセンストール2

ジャワ更紗の構成:イセン

インド織物の主な構成 からリンク 更紗によく見られる構成のうちイセン(Isen)は主模様・地模

記事を読む

インド織物の主な模様

元来、模様には呪術的な意味合いがあるという言説があり、多種の宗教的影響を受けたインド織物には多様な模

記事を読む

Message

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドの

色相環
現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやP

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かした

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情

→もっと見る

PAGE TOP ↑