インド織物の主な構成

インド織物のデザインは、基本的には「多種多様な模様を配置」する事で行われる事が多いです。ここでは、どのような構成パターンがあるかを簡単に見ていきましょう。

インド織物の構成を見る時、「インド更紗で典型的に見られる構成」とインド更紗が大きな影響を与えた「ジャワ更紗で典型的に見られる構成」で分類すると分かりやすいです。

インド更紗の主な構成

インド更紗に典型的な構成には、

があります。これらは主に幾何学的配列であり、より複雑な配列も多く見られますが、分類可能な主なものは上記の5パターンで、これらに合わせて多種多様な模様を配置する事で様々なデザインが出来上がります。

ジャワ更紗の主な構成

インド更紗の影響を大きく受けたジャワ更紗(通称バティック)の構成の多様性はインド更紗のそれを更に上回っており、学術的な分類も途上です。とは言え、代表的な構成法として以下のような分類がされています。

主模様

構成自体が模様の主となる部分を形成するものを主模様といいます。大雑把に見て、

に分類されています。

地模様

主模様とは異なり、主模様を装飾し、布面を埋める為に使われる構成・模様を地模様といいます。地模様は特にイセンと呼ばれており、「充満」を意味するisiが語源であると言われています。これは、空間恐怖の思想が影響していると言われます。

pracyaでは手紡ぎ手織物カーディーのうち多種多様な模様を組み合わせたインドストールも販売しています。

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

複雑系模様と幾何学模様

複雑系模様と幾何学模様の混在

一口に織物のデザインと言っても、着物に見られるような「空間を重視し複雑に模様を配置したデザイン」から

記事を読む

セメン

ジャワ更紗の構成:セメン(写生模様風の構成)

インド更紗・ジャワ更紗に典型的に見られる構成の一つにセメン(Semen)と呼ばれるものがあります。動

記事を読む

no image

インド更紗の語源

チンツの語源 インド更紗は英語でチンツ(chintz)といいますが、この語源を見る事で、インド更紗

記事を読む

菱型配列

インド更紗の構成:菱型配列(ダイヤモンド)

格子配列を45度移動させた配列を菱型配列と言います。(丁度、レンガ積み配列を斜めから見た形と考えれば

記事を読む

ペイズリー文様

ブータ文様からペイズリー文様へ

ペイズリー模様の項でペイズリーのルーツとして大まかに見て「生命の樹信仰」説と「模様の形態」説がある事

記事を読む

模様が持つ呪術的要素

「模様とは何か」という問いを立てれば、 織物・染め物・工芸品などに装飾として施す種々の絵や形。また

記事を読む

立涌風配列

インド更紗の構成:立涌風配列(オウジー)

インド更紗(チンツ)の幾何学的配列のうち、下図のような曲線を組み合わせた配列を立涌風配列と言います。

記事を読む

八の字

岡本太郎氏が言う「ハの字文化」

日本の代表的な芸術家の一人である岡本太郎(1911-1996)は、自身の著書『今日の芸術―時代を創造

記事を読む

ニティック

ジャワ更紗の構成:ニティック(織模様風の点描)

ジャワ更紗に典型的に見られる構成としてニティックがあります。バティックと同様にジャワ語のティックti

記事を読む

動物模様(鹿)

人像模様・動物模様

人物を型どった模様が人像模様、動物を型どった模様ですが、その題材には宗教に関係するものが多いです。例

記事を読む

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑