• pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト

インド更紗の構成:円による構成

公開日: : 最終更新日:2019/03/18 デザイン・文様 , ,

インド更紗の幾何学的配列のうち、布面全体に渡る大きな円を中心に構成した方法がある。ストールのデザインなどにはあまり使われませんが、掛け布など面積が広いものには頻繁に使われます。ササン朝ペルシャの工芸品にもよく見られます。円による構成の例としては図のようなものがあります。

円による構成
図:円による構成
出典:佐藤(1986:20)

参考文献
[1] 佐藤百合子(1986)「インド更紗・ジャワ更紗にみる模様、構成の特色について」『研究紀要(文化学園大学)』Vol. 17, pp. 15-27
[2] 畠中光享編(1993)『インド染織美術―畠中光享コレクション』京都書院

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

タンバル

ジャワ更紗の構成:ガリスミリン(斜縞)

布面の全体を斜め向きの縞(斜縞)で構成したものをガリスミリンと言います。代表的なガリスミリンにはパラ

記事を読む

糸杉模様

糸杉模様

先端が尖った糸杉をモチーフとした模様が糸杉模様です。イスラムでは「生命の樹」とも扱われ、インド更紗で

記事を読む

格子配列

インド更紗の構成:格子配列(スクウェア)

名前の通り、垂直線と水平線の交差によって出来る格子状の配列を格子配列(スクウェア)と言います。内部に

記事を読む

ニティック

ジャワ更紗の構成:ニティック(織模様風の点描)

ジャワ更紗に典型的に見られる構成としてニティックがあります。バティックと同様にジャワ語のティックti

記事を読む

no image

インド更紗の語源

チンツの語源 インド更紗は英語でチンツ(chintz)といいますが、この語源を見る事で、インド更紗

記事を読む

インド織物の主な構成

インド織物のデザインは、基本的には「多種多様な模様を配置」する事で行われる事が多いです。ここでは、ど

記事を読む

立涌風配列

インド更紗の構成:立涌風配列(オウジー)

インド更紗(チンツ)の幾何学的配列のうち、下図のような曲線を組み合わせた配列を立涌風配列と言います。

記事を読む

インド織物の主な模様

元来、模様には呪術的な意味合いがあるという言説があり、多種の宗教的影響を受けたインド織物には多様な模

記事を読む

花卉模様

花卉模様・花束模様

花卉(草花)や花束を配置した模様を言います。大きな花卉・花束を布面全体に配置する事もあれば、幾何学的

記事を読む

複雑系模様と幾何学模様

複雑系模様と幾何学模様の混在

一口に織物のデザインと言っても、着物に見られるような「空間を重視し複雑に模様を配置したデザイン」から

記事を読む

Message

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドの

色相環
現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやP

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かした

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情

→もっと見る

PAGE TOP ↑