インド更紗の語源

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 デザイン・文様 , , ,

チンツの語源

インド更紗は英語でチンツ(chintz)といいますが、この語源を見る事で、インド更紗の特徴を捉える事が出来ます。語源として提示されている仮説には主に、

  • 梵語のchitra(多彩な)
  • インド土着言語のchitta(斑点模様の布)

があります。

chitra(多彩な)説

元々チンツの語源として有力だったのが梵語(サンスクリット語)のchitraで、「多彩な」という意味があります。インド更紗のデザインが極めて多様であることと、音の類似性から長らく語源として有力でした。

chitta(斑点模様の布)

最近はchitraに代わり、インド土着言語のchitta(斑点模様の布)がチンツの語源であるという説が有力です。というのも、ポルトガル語でインド更紗を指すピンタド(pintado)はpinta(斑点・しみ)が語源であるという説が有力ですし、インド更紗の影響を強く受けたジャワ更紗のポルトガル名バティックbatikの語源もジャワ語のtik(小点・滴)が語源であると考えられているからです。

音だけでなく、類似性を持つ用語の語源と比較する事により、近年はチンツの元の意味が「小柄な散らし模様の染布」であるという可能性が指摘されています。

pracyaでは多種多様な手紡ぎ手織物カーディーのインドストールを販売しています。

参考文献
佐藤百合子(1986)「インド更紗・ジャワ更紗にみる模様、構成の特色について」『研究紀要(文化学園大学)』Vol. 17, pp. 15-27

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

タンバル

ジャワ更紗の構成:ガリスミリン(斜縞)

布面の全体を斜め向きの縞(斜縞)で構成したものをガリスミリンと言います。代表的なガリスミリンにはパラ

記事を読む

イセンストール2

ジャワ更紗の構成:イセン

インド織物の主な構成 からリンク 更紗によく見られる構成のうちイセン(Isen)は主模様・地模

記事を読む

八の字

岡本太郎氏が言う「ハの字文化」

日本の代表的な芸術家の一人である岡本太郎(1911-1996)は、自身の著書『今日の芸術―時代を創造

記事を読む

大きな松かさ模様

ペイズリー模様

ペイズリー模様(ペーズリー模様)は、インド織物に特に頻繁に出てくる模様で、ヨーロッパでは「松かさ形」

記事を読む

チュプロカン

ジャワ更紗の構成:チュプロカン(格子・石畳)

ジャワ更紗に多く見られる構成のうち、格子状になっているものをチュプロカンと言います。チュプロックとい

記事を読む

インド織物の主な模様

元来、模様には呪術的な意味合いがあるという言説があり、多種の宗教的影響を受けたインド織物には多様な模

記事を読む

レンガ積み配列

インド更紗の構成:レンガ積み配列(ブリック)

格子配列を一つ毎に1/2ずらす事によって作った配列で、その積み方を例えてレンガ積み配列(ブリック)と

記事を読む

セメン

ジャワ更紗の構成:セメン(写生模様風の構成)

インド更紗・ジャワ更紗に典型的に見られる構成の一つにセメン(Semen)と呼ばれるものがあります。動

記事を読む

花卉模様

花卉模様・花束模様

花卉(草花)や花束を配置した模様を言います。大きな花卉・花束を布面全体に配置する事もあれば、幾何学的

記事を読む

格子配列

インド更紗の構成:格子配列(スクウェア)

名前の通り、垂直線と水平線の交差によって出来る格子状の配列を格子配列(スクウェア)と言います。内部に

記事を読む

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑