ジャワ更紗とは何か

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 デザイン・文様 , ,

ジャワ更紗はポルトガル語でバティック(batik)と言い、インド更紗の語源でも指摘したように、ジャワ語のティックtik(小点・滴)が語源です。更紗自体が一般的に、手描き又は捺染によって模様染めした布を指しますが、ジャワ更紗もそれに違わず多様な模様があります。

ジャワ更紗は11~12世紀頃にインドから伝えられ、独自の発展をしたという説が有力ですが、ジャワとインド自体は紀元前後から交流があった事も分かっているので、染色技術が1000年に渡って伝わらなかったとも考えにくい事を理由に、佐藤(1986)は、ジャワ更紗は自然発生したのではないかという考えを指摘しています。というのも、染色技術自体は世界中に広範囲に観測され、多くの土地で自然発生しているからです。

ジャワ更紗が自然発生したか、インドから伝えられたかは不明ですが、ともかくジャワ更紗は、紀元前のドンソン文化、ヒンドゥー・ジャワ文化の影響を多分に受け、これらが土着文化と融合する事で多様化・洗練していきました。こうして生まれた多様な模様はインド更紗にも多く取り入れられています。

pracyaの手紡ぎ手織物カーディーのインドストールも宜しくお願い致します。

参考文献
佐藤百合子(1986)「インド更紗・ジャワ更紗にみる模様、構成の特色について」『研究紀要(文化学園大学)』Vol. 17, pp. 15-27

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

ニティック

ジャワ更紗の構成:ニティック(織模様風の点描)

ジャワ更紗に典型的に見られる構成としてニティックがあります。バティックと同様にジャワ語のティックti

記事を読む

インド織物の主な模様

元来、模様には呪術的な意味合いがあるという言説があり、多種の宗教的影響を受けたインド織物には多様な模

記事を読む

円による構成

インド更紗の構成:円による構成

インド更紗の幾何学的配列のうち、布面全体に渡る大きな円を中心に構成した方法がある。ストールのデザイン

記事を読む

no image

インド更紗の語源

チンツの語源 インド更紗は英語でチンツ(chintz)といいますが、この語源を見る事で、インド更紗

記事を読む

糸杉模様

糸杉模様

先端が尖った糸杉をモチーフとした模様が糸杉模様です。イスラムでは「生命の樹」とも扱われ、インド更紗で

記事を読む

セメン

ジャワ更紗の構成:セメン(写生模様風の構成)

インド更紗・ジャワ更紗に典型的に見られる構成の一つにセメン(Semen)と呼ばれるものがあります。動

記事を読む

立涌風配列

インド更紗の構成:立涌風配列(オウジー)

インド更紗(チンツ)の幾何学的配列のうち、下図のような曲線を組み合わせた配列を立涌風配列と言います。

記事を読む

レンガ積み配列

インド更紗の構成:レンガ積み配列(ブリック)

格子配列を一つ毎に1/2ずらす事によって作った配列で、その積み方を例えてレンガ積み配列(ブリック)と

記事を読む

花卉模様

花卉模様・花束模様

花卉(草花)や花束を配置した模様を言います。大きな花卉・花束を布面全体に配置する事もあれば、幾何学的

記事を読む

ペイズリー文様

ブータ文様からペイズリー文様へ

ペイズリー模様の項でペイズリーのルーツとして大まかに見て「生命の樹信仰」説と「模様の形態」説がある事

記事を読む

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(4) ねじりボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたねじりボリューム巻きを

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(3) シェル巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたシェル巻きを紹介します

ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(2) ボリューム巻き

ここでは、一周巻き(エディター巻き)を応用させたボリューム巻きを紹介し

一周巻き_4
ストールの巻き方「一周巻き(エディター巻き)」:(1)基本の巻き方

ここでは、ストールの巻き方の一つである、一周巻き(エディター巻き)の基

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑