• pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト
  • pracya(プラチヤ)インドストール販売サイト

唐草模様の変遷と意味

公開日: : 最終更新日:2019/03/18 デザイン・文様 ,

唐草模様の変遷

図1のような唐草模様自体は極めて有名で世界中で見られますが、そのルーツがエジプトのロータス(睡蓮)にある事はあまり知られていません。

唐草模様
図1:唐草模様
出典:Wikipedia「唐草模様」

エジプトのロータスは、図2のようなギリシャにおいてパルメットと呼ばれる「シェロの葉」が扇型に開いた文様へと変化しました。

パルメット
図2:パルメット模様
出典:Wikipedia,”Palmette”.

更にパルメット模様は、図2のアカンサス(葉あざみ)という形になり、ビザンチン、サラセンなどを経由して現在の唐草模様へと変化していきました。

アカンサス(葉あざみ)模様
図2:William Morris, Acanthus wallpaper, 1875.

唐草模様の意味

唐草模様の意味にも諸説ありますが、主流なのは「永遠」・「無限」を象徴するという考え方です。仏教やヒンドゥー教においても聖性を持つ花として考えられており、螺旋状の形が永続性を意味していると考えられています。

佐藤(1986)は、漢の雲気文もルーツは異なれど同様の形・意味を持つものであり、永続性の象徴として唐草模様は位置づけられると指摘しています。

参考文献
[1] 佐藤百合子(1986)「インド更紗・ジャワ更紗にみる模様、構成の特色について」『研究紀要(文化学園大学)』Vol. 17, pp. 15-27
[2] 城一夫(1995)『西洋染織文様史』朝倉書店

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ

関連記事

インド織物の主な構成

インド織物のデザインは、基本的には「多種多様な模様を配置」する事で行われる事が多いです。ここでは、ど

記事を読む

タンバル

ジャワ更紗の構成:ガリスミリン(斜縞)

布面の全体を斜め向きの縞(斜縞)で構成したものをガリスミリンと言います。代表的なガリスミリンにはパラ

記事を読む

八の字

岡本太郎氏が言う「ハの字文化」

日本の代表的な芸術家の一人である岡本太郎(1911-1996)は、自身の著書『今日の芸術―時代を創造

記事を読む

更紗のエートス

更紗の一般的な意味 「更紗」(さらさ)は一般的には、 主に木綿地に、人物・花・鳥獣などの模様を多

記事を読む

チュプロカン

ジャワ更紗の構成:チュプロカン(格子・石畳)

ジャワ更紗に多く見られる構成のうち、格子状になっているものをチュプロカンと言います。チュプロックとい

記事を読む

花卉模様

花卉模様・花束模様

花卉(草花)や花束を配置した模様を言います。大きな花卉・花束を布面全体に配置する事もあれば、幾何学的

記事を読む

模様が持つ呪術的要素

「模様とは何か」という問いを立てれば、 織物・染め物・工芸品などに装飾として施す種々の絵や形。また

記事を読む

大きな松かさ模様

ペイズリー模様

ペイズリー模様(ペーズリー模様)は、インド織物に特に頻繁に出てくる模様で、ヨーロッパでは「松かさ形」

記事を読む

ニティック

ジャワ更紗の構成:ニティック(織模様風の点描)

ジャワ更紗に典型的に見られる構成としてニティックがあります。バティックと同様にジャワ語のティックti

記事を読む

格子配列

インド更紗の構成:格子配列(スクウェア)

名前の通り、垂直線と水平線の交差によって出来る格子状の配列を格子配列(スクウェア)と言います。内部に

記事を読む

亜麻
インドストールに使われる素材(1):麻(ラミー・リネン)

私達の生活の中でロープや袋、衣服など様々な所で麻は使われていますが、そ

インド染物の美術史(2):グジャラートの木版捺染

前回、エジプトのフォスタートで出土した染織品に17世紀以前に西インドの

色相環
現代色彩論の礎となったゲーテとシュヴルールの色彩調和論

色彩論・色彩調和論において現代よく使われる理論は、マンセルシステムやP

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(2):男性と女性で異なる「好きな2色配色」

前回、年代・性別毎に好まれる色の傾向が異なる事を理解し、それを活かした

色相環
カラーマーケティングでカラーコーディネート(1):年代別・性別別色彩嗜好の把握

ファッションにおけるカラーコーディネートを行う際、どんなイメージ・感情

→もっと見る

PAGE TOP ↑